aga治療は6ヶ月以上の継続が推奨されている

毛髪21

医療機関でaga治療を受けたのに、まったく髪が生えなかったという人がいます。一方でaga体質を克服して、フサフサの髪を取り戻す人もいるのです。ここではaga治療をこれから始める人のために、必要となる治療期間について説明しています。

aga治療における6ヶ月という期間の意味、髪を取り戻すために大切なこと、薬物療法以外で実践したい対策、などについても言及しています。

毛髪29

育毛剤や発毛剤でのケア、医療機関でのaga治療などは、6ヶ月以上の継続を謳っていることが多いでしょう。なぜ6ヶ月という期間が目安になるかといえば、ヘアサイクルの正常化にまとまった期間を要するためです。

頭痛や肩こりなどであれば、医薬品を服用する、整体や整骨院で施術を受けるなどの方法で、即日で改善させることも可能ですが、agaは体質に絡んでくる脱毛症です。例えば、肥満や脂質異常症、高血糖といった体質に影響する生活習慣病は、改善に時間がかかります。

agaの場合は乱れたヘアサイクルを健全にする必要があり、これは1日や2日で実現することではありません。agaを発症している人は、全体的に髪質が短く細く、人によっては縮れ毛の状態にあります。ほかにも脂漏性脱毛症を併発している、頭皮が年間を通してベタベタする、抜け毛の本数が正常な範囲を超えている、などの特徴があります。

ヘアサイクルを正常化していけば、これらの症状も同時に緩和されていくのが普通です。ただしそれには早くて4か月、一般的には6ヶ月を要すると言われているため、医療機関では6ヶ月の治療を推奨しています。なお実感するまでの期間は個人差があるので、3か月で実感できる人もいれば、1年くらいかかる人もいます。

aga治療を受ければすぐに髪が生えてくると考えている人は、治療を6ヶ月継続する前に諦めるケースが少なくありません。最先端の外用薬や内服薬を使用しても、今日と明日で変化は感じられないのです。治療1日目で変化を実感できるのなら理想ですが、現実的には発毛を確認するのに6ヶ月くらいかかるのです。

発毛効果を確認できるようになれば、それ以降は段階的に毛量が増加していきます。例えば、6ヶ月目で発毛を実感した人ならば、7ヶ月目になればさらに増えています。言うなれば6ヶ月という期間は、発毛を実感するまでの準備期間です。

それゆえ1ヶ月目と3ヶ月目を比較しても、毛量がまったく変わらないという状況が多々ありますが、ここで諦めては髪を増やすことはできません。発毛実感までの期間はagaの症状が軽度であるほど早いと言われており、薄毛を実感してすぐにaga治療を開始した人だと、3~4ヶ月で実感できるケースがあります。

一方でagaがかなり進行している人だと、6ヶ月~1年以上かかるケースがあります。いずれにしてもagaは治療を先送りせず、自覚した時点で検査、治療を受けるのが得策です。

aga治療を受けて髪が増えたと感じるまでの目安期間が6ヶ月となります。それゆえ6ヶ月後に急にフサフサになるわけではありません。発毛を実感できる段階になっても、その時点で治療を中止してはもったいないです。

その後も8か月、1年、2年というように治療を継続し、髪を段階的に増やしていきましょう。毛乳頭細胞の成長には時間がかかるので、ヘアサイクルが正常化しても直後からフサフサになるわけではありません。aga治療は焦らずに気長にコツコツと継続していく必要があるのです。

aga治療を受けて最初に実感できる変化は、抜け毛の減少という人が目立ちます。おびただしいほどの抜け毛が減っていき、洗髪後の排水口に髪があまり絡みつかなくなる、ヘアブラシをかけるときに髪が抜けにくくなった、枕に付着する抜け毛が減った、といった自覚をする人が多いです。

続いては髪質の変化を実感する人が多く、産毛がコシを持つようになる、縮れ毛が本来の髪質に戻っていく、などの自覚が認められています。agaを発症しても髪が急になくなるわけではなく、段階的に薄くなっていきます。

aga治療においても急に増えるのではなく、段階的にagaではなかったころの毛量に戻っていくのです。

毛髪31

aga治療を受けて髪を取り戻した人もいれば、途中で諦めてしまう人もいます。両者を分ける最大の要因は、モチベーションにあると言われています。例えば、1年後にはフサフサになる未来がわかるならば、無理なく治療を続けられるでしょう。

しかし現実的には1年後の毛量がどのように変化するかは誰にもわかりません。それゆえモチベーションの維持が難しくなってくるのです。実際にaga治療を受けても発毛しなかったという人は、短期間で治療を断念したケースが目立ちます。

モチベーションは継続の原動力になるため、aga治療を6ヶ月継続するためにもやる気を高めてあげましょう。具体的には自分の髪を取り戻したあとの生活をイメージしてみます。agaは病気や怪我ではないので、それ自体は命には影響しません。

しかし精神には多大な悪影響を与え、自分に自信を持てなくなる人が多いのです。薄毛が原因で旅行を楽しめない、気になる女性にアプローチができない、プールで泳ぐことができない、といった人は多いでしょう。薄毛というだけで日々の生活に制限が生じ、人生の質を下げてしまうのです。

もしこれらの制限がなくなるとすれば、目の前は一気に明るくなるはずです。aga治療継続のためには、成功した自分を明確にイメージすることがポイントになります。

aga治療は外用薬と内服薬の併用によって進められるのが一般的です。これだけで抜け毛の減少や発毛を期待できますが、より早く結果を得るためには生活改善も並行しましょう。医療機関のなかには、生活改善のアドバイスをしてくれるところがあります。

例えば、食生活を健全に整えていく、早寝早起きをする、なるべくストレスを溜めない、などはよく受けるアドバイスです。元気な髪の毛を育てるためには、身体の内側にアプローチしていく必要があります。バランスのよい食生活を意識すれば、髪により多くの栄養を届けられるのです。

早寝早起きを習慣化すれば、身体のリズムを整えられます。ターンオーバーを正常にし、代謝を活性化させられます。過度のストレスは血流障害の原因になり、毛髪の成長を鈍化させるので要注意です。aga治療を開始してからの6ヶ月では、生活習慣を整えることを徹底してください。

身体が不健康な状態では、健康な髪は生えてきません。髪の元気のためにも規則正しい生活を意識し、健康体を維持させる必要があります。

aga治療は6ヶ月以上を要すると認識し、地道に継続することが大切です。外用薬や内服薬による治療を受けていても、発毛する前に諦めてしまっては意味がありません。髪は急に生えてくるものではなく、少しずつ健康な状態に戻っていくのです。

aga治療を成功させるには、気持ちを前向きに維持しながら継続する必要があります。生活改善も同時に行えば、より早い髪の成長を期待できるでしょう。